頭の効果的な働かせ方

特別レポートを無料プレゼント

秘伝の記憶方法

秘伝の記憶方法

何をやっても覚えられない、なんとしても資格試験に合格したい、という方必見のレポートです。
騙されたと思って読んでみてください。脅威の記憶方法の秘密を暴露しています。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の効果的な働かせ方

成績のいいひと、世に言う「頭のいい人」は生まれつき
才能に恵まれているというよりも頭の働かせ方がうまいケースが多いようです。

こういった人たちは意識・無意識を問わず
頭を効果的に働かせる方法を知っているのです。

では頭を効果的に働かせるためにはどうすればよいのでしょうか。


それには五感の活用と適度な反復がカギを握ります。


五感の活用とは何かを覚える時、考える時に
五感全体を活用するようにすることです。

たとえば匂いは強烈な記憶を残すもの。また音も記憶に残りやすいもの。
なかなか覚えられない難しい単語も音や
匂いが伴えばすぐに覚えることができます。

そういった五感をうまく活用する心がけが大事になるのです。


それから反復。どんなに頭がいい人でも時間が経てば忘れるもの。
適度に思い返して反復することで記憶を強化することが必要です。

短期間に集中して頭に叩き込むのではなく、適度に
感覚をあけて何度も反復することによって
継続的な記憶力を得ることができます。


こういった効果的な頭の働かせ方を身につけることによって
成績アップを目指すことができるでしょう。



どうせ成績UPを狙うなら、楽しんで勉強しませんか?





記憶方法アップの無料レポート


ライバルに悔しい思いをさせてください。




真面目な質問です。リスニング力とリーディング力の関連について。 「リスニング...
真面目な質問です。リスニング力とリーディング力の関連について。 「リスニング力を上げるためには、英文を前から理解していく(つまり、聞こえてくる順序に従って内容を理解する)頭の働かせ方が必要だ。ネイティブスピーカーはこの頭の働かせ方を会話によって身につけていくが、英語圏以外の英語学習者はそうはいかないから、リーディングによってこれを身につける必要がある。したがって、リスニング能力を上げるにはリーディング能力の向上が不可欠だ。」と、伊藤和夫さんが『伊藤和夫の英語学習法』の中で述べていました。英文を読めない人がリスニングを練習してもある程度までしか向上しない理由はこれだそうです。 この考え方は納得のいくものですし、リスニング力とリーディング力が密接に関係していることは理解できました。 そこでふと思ったのですが、これとは逆にリーディング力を上げるにもリスニング力は必要なのでしょうか? というのもこの考え方に従えば、リスニングとリーディングを同時に学習するよりも、まず限界まで(ネイティブと同じスピードで読めるほどまで)リーディング力を高めてからリスニングの練習に取りかかった方が、効率が良いのではないかと思ったからです。 回答よろしくお願いします。





残しておきたい言葉の数々 - 昼寝する豚おばさん、あれこれ日記 ...
曽野綾子さんは自らアフリカなど発展途上国に(ツアーではなくソッと)いかれたり、世界の情勢、環境や民の精神状態など、自らの目で見、自らの耳で聞き、自らの頭で考え、心を働かせるんです(当たり前だけどw) その上での言葉ですから本当に説得力が ...




朝食で風邪予防
脳はかなりわがままな臓器で、ブドウ糖しかエネルギー源にできない上に、脳の中にエネルギーを蓄えておくこともできません 。 寝起きは低血糖状態で頭がボーっとしたまま 。 朝食で炭水化物(糖質)を摂って、しっかり脳を働かせてあげましょう 。 ...

タグ :

未分類 | PAGE TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。