記憶能力を向上させるコツ

特別レポートを無料プレゼント

秘伝の記憶方法

秘伝の記憶方法

何をやっても覚えられない、なんとしても資格試験に合格したい、という方必見のレポートです。
騙されたと思って読んでみてください。脅威の記憶方法の秘密を暴露しています。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶能力を向上させるコツ

日ごろ暗記が苦手、なかなか記憶できないと悩んでいる人は多いでしょう。
しかし本来、脳は驚くべき記憶能力を持っています。

記憶が苦手な人は頭が悪いのではなく、
その記憶能力を十分に引き出すことができていないのです。

記憶能力を向上させるコツはビジュアルイメージを伴わせることです。


人の名前を覚える場合にも単に名前だけでなくその人の顔立ちやスタイル、
あるいは会った時に着ていた服装やそのときの発言などを
頭にイメージさせれば覚えやすくなります。

これを記憶全体に活用するのです。


その際、記憶する対象に相応しいイメージである必要はありません。
まったく関係がないイメージを無理やり結びつけても大丈夫です。


たとえば古代ギリシアの詩人アイスキュロスなら
古代の彫刻がアイスクリームを食べている姿、みたいな感じです。

どれだけイメージとして刻み込むことができるのか。
それが記憶能力を向上させるための最大のポイントとなるでしょう。

ぜひともうまく身につけたいものです。


ゲーム感覚で記憶力を高めたい人は、
ぜひこの無料レポートを使ってみてください。





記憶方法アップの無料レポート







カイゼンで能力を引き出す 知的障害者の戦力化《前編》:ジョブサポーター ...
会社が掲げた品質管理や生産性向上の目標達成に向けて、知的障害のある社員1人ひとりが自分自身の目標を定め、自ら考え、自ら行動し、互いに助け合いながら「自分に課せられた役割」を果たしていこうという取り組みが根付いているのだ。 ...




【from Editor】日本には人間の頭しかない
記憶力が落ちたと錯覚してしまうのは、ものごとに対する情熱や感動が薄れることに原因があるらしい。年を重ねると丸暗記よりも論理だった記憶能力がよく発達する。年齢にあった勉強方法で効率的に記憶をして、努力を継続することが大切のようだ。 ...

赤ワイン:認知力向上 マウスの脳神経細胞倍増--名古屋市立大
‎2010年12月18日‎
赤ワインが、記憶に関わる脳の神経細胞の数を倍増させ、認知能力を高めることが、岡嶋研二・名古屋市立大大学院教授(展開医科学)のチームの動物実験で分かった。白ワインでは効果がなかった。近く米国の栄養生化学雑誌に発表する。 これまでに赤ワインを1日400 ...

「人間は一日3食」と当然のように言っていますが、本当に人間は一日3食(朝・昼...
「人間は一日3食」と当然のように言っていますが、本当に人間は一日3食(朝・昼・晩)とることが一番健康的で適切な食のとりかたなのでしょうか? 間食は駄目だとかも言われますが、本来動物は一日中食べています。決まった時間に食べるのは人間だけなのでは?いったい誰が3食と決めたのでしょうか?いつからこういう習慣がついたのでしょうか?それとも人間本来3食と遺伝子に刻まれてるのでしょうか? ごちゃごちゃですいません。

タグ :

未分類 | PAGE TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。